女王様募集 リレーコラム6のトップ画像

ドミナ(女王様)のリレーコラム第6弾

Location「ドミナそれぞれのテーマ曲」は何?

女王様のリレーコラム6

「ドミナそれぞれのテーマ曲」は何?

「ドミナそれぞれのテーマ曲」は何? この音楽は私の象徴、この音楽を聴いたら原点に戻る、元気が出る…など、音楽の力は大きい。 人生を基調にテーマ曲をつけるならどの音楽でしょう?ドミナらにきいてみました。


アオイ - AOI

MVを見ながら自慰行為に耽ってしまうほど愛しているaikoの楽曲にしようか迷ったのですが(崇拝しすぎて選ぶことができなかったのでやめた)、今回はDiodatoの“Che vita meravigliosa”を選びました。

https://www.youtube.com/watch?v=3vugZjDZeWs

何と言っても、曲全体の雰囲気が幻想的で美しい。そして甘く囁くようなイタリア語が降ってくる。目を閉じて聞き惚れていると、この上ない幸せに包まれます。 また、この曲のMVはここ日本で撮影されています。東京の知っている景色や何となく懐かしい風景もちらほら出てくるので、イタリアの音楽である割には親近感も湧くのではないでしょうか。

私はSMをするとき、マゾに対して冷たい眼差しを注ぐこともあれば、急に情熱的に振る舞うこともあります。この曲は、どちらかと言えば「情熱モード」に入っている時の私。 お前を抱く時の私はきっとこんな雰囲気だと思うよ。 最後に、お気に入りの歌詞をご紹介致します。

“Ah, che vita meravigliosa
Questa vita dolorosa
Seducente, miracolosa
Vita che mi spingi in mezzo al mare
Mi fai piangere e ballare
Come un pazzo insieme a te”

「ああ、なんて素晴らしい人生なんだろう。 この痛くて、魅惑的で、奇跡のような人生。 私を海の中に突き落とすような人生。 狂ったようにあなたと踊っていると、 私は思わず泣けてくる。」

人生いろいろあるけれど、ごく僅かな確率の中で出逢えたマゾたちを、私はとても大切に思っています。もはや運命。 この大変な世の中、共に強く生きて行こうね。

ドミナ雲雀(女王様)のプロフィールアイコン AOI Profile


雲雀 - HIBARI

椎名林檎で『今』です。

https://youtu.be/glwPBMfaiII

まずは歌詞を読んでから、曲に行ってみてください。出来ればYouTubeでライブ映像も公式から出てるので…。

没頭しまくると口笛を吹きながらプレイすることもありますが、曲中口笛吹いてるのを初めて聞いた時から、林檎『様』と呼ぶようになりました。

ドミナ 雲雀(女王様)のリレーコラム6

ドミナ雲雀(女王様)のプロフィールアイコン HIBARI Profile


仁菜 - NINA

私の人生のテーマ曲となると「女性ボーカルの寂しいメランコリックな曲」しかないでしょう。人生の不条理や答えのなさを現してくれるような曲が好きで、そういう曲を見つけると身悶えして喜ぶ。

1. Fiona Appleは思春期の頃から何千回も聞いていた。彼女の暖かい声のおかげで大人に成長できたと言ってもいいと思う。Pale Septemberは特に好きな曲で、歌詞がまた素敵なんです。夜眠る前に聞くと、彼女に寝かしつけられているよう。

https://youtu.be/Us77ehBAnrQ

2. Massive AttackのRitual Spirit。このビデオでは暗闇で裸電球を振り回し妖艶に踊る女性(ケイト・モス)が美しすぎて、ずっと見ていたい。でも、暗闇だから全容がなかなか見えず、ときたま映る彼女の横顔や体が美しくて・・・見惚れる。

https://youtu.be/fhI5T_NKYxc

3. BjorkのPagan Poetry、異教徒の詩と訳せばいいのかな。私の人生も周りに馴染むことのない異教徒みたいなものだから、この曲の苦しみが痛いほどわかる。

https://youtu.be/Wp6tAcjq0N0

音楽は気分を高めるから重要よね。セッション中は私が選曲したプレイリストから音楽をかけることもあります。深層心理に潜るのを手伝うような、歌詞のない深い音楽が多いです。

ドミナ仁菜(女王様)のプロフィールアイコン NINA Profile


ミア - MIA

ごきげんよう、ミアです。

「Sweet Dreams」を選びました。 あなたを利用したい人がいる あなたに利用されたい人がいる あなたを苦しめたい人がいる あなたに苦しめられたい人がいる

https://www.youtube.com/watch?v=qeMFqkcPYcg

初めて聴いた時に歌詞が自分の中にすとんと落ちてきたのを覚えています。 私は支配したい。 そんな気持ちが芽生えた曲です。

ドミナミア(女王様)のプロフィールアイコン MIA Profile


永遠 - TOWA

▼曲名 ミュージカル「エリザベート」より

「私だけに〜Ich gehör nur mir /I belong to Me〜)」 URL https://youtu.be/bteEKqdLQW4

ちょうど良い動画がなく、こちらはコンサートのものです。ミュージカル「エリザベート」は10代の頃に出会った舞台作品で、日本では宝塚歌劇団や東宝が上演しています。現在のオーストリアの首都ウィーンを拠点としていたハプスブルク帝国の最後の皇后、エリザベートの半生をフィクションを交えつつ描いたものです。

作品紹介動画はこちら→https://youtu.be/2lC47QZbG4Y

大変な人気作で、なかなかチケットが取れません。国内だけでなく、ウィーン、韓国のソウルでも観ました。作中でエリザベートのテーマ曲ともいえるのが、この「私だけに」。初めて聞いた時、「これ、私の歌!!」と衝撃が走りました。あれから20年ほど経ちますが、今も変わらず私の根底に響く曲。英語版は、女子フィギュアスケートの浅田真央さんがプログラムで使って滑ったこともあります。

韓国版(https://youtu.be/ApXLdroE4Pw)は歌声が素晴らしい。

いろんなバージョンを見る中で韓国版の「私だけに」が1番好きでしたが、宝塚歌劇団雪組の娘役トップ真彩希帆さんにも是非歌っていただきたいところです。

永遠〜Towa〜

ドミナ永遠(女王様)のプロフィールアイコン TOWA Profile


トーカ - TOHKA

どれだけオブラートに、この質問が嫌いなことを伝えるかなぁ。とそこに時間がかかりました。このドミナのイメージソングはコレ!ってのは喜んで出てくるし、お喋りのテーマとして軽くお話するのは楽しいです。

只、今回のテーマは「自分」なので。リレーコラムの答えとしては、「そんなものはありません」です。答えとしてあまりに面白くないので、何故ないのか?それを説明します。音楽や音は内面の成長をくれます。宇宙の心理を大きな視点で感じさせてくれ、現実にある苦痛から脱却させてくれて心身を癒してくれます。

仮想空間など、「そんなものがあるはずがない」と否定せずにいられるのは音楽のおかげです。夢の世界に理屈なんてないことをまざまざと感じさせてくれます。不思議な事に、良い音楽を聴いて世界観が広がったり、本来の自分を見つけたような気持ちにもなる。それは、自分の中の何かが表現されているようにも感じるでしょう。優れた芸術にはフィーリングが不可欠である。それはわかる。只、それを自分のテーマに近いと表現しようと思うとつかみどころのない感情になるのである。そもそも、これですと決めると発想が限定されやすくなってしまう。故に、これが私のテーマに近いと言うのは敬遠されます。それを言い切ることにより生まれる、気持ちの良い心の位置感覚はいらないのです。

それでも、これは私のテーマソングだと思うような楽曲はありました。 只、その楽曲を何百回と聴いていくうちに、脳を働かせなくなった事があります。 脳を働かせて次にくる音を予測をしなくなりました。私は予測して意外な展開になることを好みます。予測を裏切られて、次の予測を強化したいのです。次に起きることを予測しなくなった、結末のわかりきった期待のない楽曲を自分のテーマソングであるとは言えなくなったのです。可変していく人間が、不変のものを自分のモノと言い切るのは「不変のモノ」に対する敬意に欠けるのではないか?不敬な私にだって抱えるアンビバレンスはあるのです。

故に面倒くさいことになるので、あんまり考えたいテーマではありません。なので「自分の」はありませんが、マゾを見ていると頭に流れる楽曲はあります。大事マンブラザーズの「それが大事」です。負けないのと投げ出さないのと逃げ出さないのと信じぬくこと、どれが一番大事なんだ?

ドミナ トーカ(女王様)のプロフィールアイコン TOHKA Profile


じゅん - JUN

乾いた落葉を踏みしめつつ、乱立する木々の間から人生を覗いている少女。大きくうねる木の根に足を取られながら、貴下の頬に触れようと手を伸ばす。その小鳥は既に冷たくなり始めているようだった。翼を半端に広げたまま、嘴を小さく開いている。反射的に見てはいけない、と思った。何故なら、祖母は私が動物の死骸に祈りを捧げることを禁じていたから。

「その同情は誰の為?」…そう言った祖母の他人のような横顔が思い出された。そっと小鳥を拾い上げると、小鳥は最後の力を振り絞って痙攣した。小鳥自身の意識はもう旅立つ用意を済ませていたのだろうに、そんな最後の場面で天敵の腕に抱かれているこの小鳥はきっと最悪の気分だろう。

やはり余計なお世話だったのだろうか。勝手に拾った癖に、何もできないとわかって拾った癖に。私は小鳥の渾身の反撃に動揺して泣いてしまいそうだった。どんな瞬間にも私は他者でしかない、小鳥の柔らかい羽毛はその事実を突きつける針の筵として私の掌を傷つける。最後の最後、貴下の弱みにつけ込んで、こっそりその心に触れようとした私の下心を見抜かれたような気がした。 小鳥の体は徐々に生を放出していき、やがて本当に動かなくなった。私の手は乾いた血液によって水分を奪われたような感覚に陥っていたが、塗れたこの血は一体どちらのものだったのか。

私はこんもりと落ち葉を集めて、その小鳥を埋めた。最後が私でよかったわね、貴下を生きたまま食べたりしなかったもの…。花の代わりに添えた言葉は何の味気もなくて、喉の奥に苦味だけが残った。これは通りすがっただけの私と、見つかってしまっただけの貴下のお話。気まぐれに手を出して傷を抉り合うような私の人生を、ひとは不器用だと形容するのでしょうか。それでも良いのです。この痛みこそ、愛なのだから。

セルジュゲンズブール "La chanson de Prévert"『プレヴェールのシャンソン(枯れ葉に寄せて)』

https://youtu.be/kh-qmQjuZUk

SMクラブ ラ・シオラの概要 - HOME - じゅん(女王様)のリレーコラム6

ドミナじゅん(女王様)のプロフィールアイコン JUN Profile


櫻子 - SAKURAKO

リレーコラムをご覧の皆さまご機嫌よう。音楽には少々疎い櫻子です。いえ、疎いと言っても3歳から15歳までの割と長い間、ピアノの教室に通っていたのですから全く疎い訳ではございません。頑張ればまだ弾けるし、楽譜も難なく読めます。が、そんなに触れておきながらイマイチ音楽に対する興味が薄いのは、ピアノを習っていた思い出が然して良いものではないからです。

3歳の時に自らやりたいと親に申し出て習わせてもらったようですが、数年経てばそんなこと覚えてもおらず、笑。小学生の時、周りの友達は遊んでいるのに、どうして弾けないの?自分からやりたいと言い出したのになんで進んで練習しないの?と背中から責められ続けて泣きながら練習していたのを覚えています。弾けないのが悔しいのか、責められているのが悲しいのか、もうなんなのかわからなくて。たぶんピアノの音なんかほとんど聴こえてなかったんじゃないかな、とすら思います。

話を戻して私のテーマ曲。14歳の発表会の時、いつからかずっと大好きだったショパンのワルツ第一番"華麗なる大円舞曲"を選曲してしまって…。軽やかで華やかな素敵な曲ですが、まあまあ難しく大変苦戦しました。

https://youtu.be/rFk54kxg6ns

たまに耳にしますが、やっぱり素敵だなあと思う反面嫌な思い出がジワジワ蘇ってきます。曲は大好きだけれど、関わり方を間違えてしまったせいで若干のトラウマに!笑。そういうこと、日常にもSMでもあるものですよね。これからは好きなものを好きという感情だけで愛でられるように、慎重でいたいです。その心構えが出来たのは、この曲のおかげなんですよね。皆さんも良ければ聴いてみてね。

ドミナ 櫻子(女王様)のプロフィールアイコン SAKURAKO Profile


イリス - IRIS

「ドミナそれぞれのテーマ曲は何?」 私のカラーを表すような曲を、一つに絞るのは難しいと感じたので、聴けば原点にかえる曲、ヤル気を底上げしてくれる曲を紹介させていただきたいと思います。

渾身の力を込めて紹介するので、読んだからには必ず御視聴願いたいものです。 これまで生きてきた多くの時間を、ダンサー、時には唄い手と、パフォーマーとして費やしてきた私にとって、このアーティストの存在は欠かせません。

SMクラブ ラ・シオラの概要 - HOME - イリス(女王様)のリレーコラム6

そのアーティストの名は、CAMARÓN DE LA ISLA (カマロン・デ・ラ・イスラ)。 アンダルシアはカディス出身のカンタオール(フラメンコの唄い手)です。母もカンタオーラであり、血統の元に生まれた彼。 そんな彼が創り出した作品は数多く、そしてどれも傑作と言えるでしょう。

中でも、私が最も影響を受けた曲がこちら。“LA LEYENDA DEL TIEMPO” 「時間の伝説」

SMクラブ ラ・シオラの概要 - HOME - イリス(女王様)のリレーコラム6

【Apple Music】 https://music.apple.com/jp/album/la-leyenda-del-tiempo-jaleos/1442730986?i=1442731197

【YouTube】 https://youtu.be/MrUWtOtfwDw

【歌詞紹介(一部)】 El sueño va sobre el tiempo flotando como un velero.も(夢は帆船のように時間の上に浮かんで進んでいる。)

Nadie puede abrir semillas en el corazón del sueño.(誰も夢の心の中の種子を開くことは出来ない。)

歌詞にはスペインを代表する国民的詩人である、ガリシア・ロルカの詩が引用されています。彼もまたアンダルシア生まれであり、フラメンコをこよなく愛した人間の一人。彼の詩は、多くのアーティストが引用し、今なお大切に歌い継がれています。折角なので、元ネタも。

http://elhacedordesuenos.blogspot.com/2013/02/la-leyenda-del-tiempo-de-garcia-lorca.html?m=1

カッコイイでしょう?イントロダクションの、次第に高まるクレッシェンド、そして第一声目に響く野性的なハスキーボイス。ロックの要素を色濃く出しながら、中核にしっかり存在せるフラメンコの匂い。フラメンコというジャンルにおいては縁の遠かったロックが融合され、モデルノ色(現代色)の強い仕上がりになっています。

この作品以前に手を組んでいたグループとは一旦決別し、新たなメンバーを迎えて革新的なアルバムが作成された中の一曲でした。本作品以前は伝統的なアーティストと作品をつくり、「THE フラメンコ」だった彼を愛するファンの中には、試聴後すぐにアルバムを返品する人も居たそうな。

革新的なものを世に出すことに、世間の批判が伴うのは世の常。そこで受け入れられるか否かを左右するのは、制作者が伝統や歴史を重んじている如何。この曲もまた然り。

夏の終わりに切なさを感じてか、ここ最近は再び迷いの中に居る私。悩むより考える派の私。何がしたいのか。何が出来るのか。どうすれば辿り着けるのか。それに尽きる。先人の知恵を借り、原点回帰。そして再出発するだけよ。という訳で、次のドミナへバトンタッチ。

ドミナ イリス(女王様)のプロフィールアイコン IRIS Profile


鳴海 - NARUMI

私のテーマ曲と思うものは特にありませんので、好きな曲をお伝えすることにしますね。

George Winstonの「Longing /Love」

https://www.youtube.com/watch?v=BiDZeo017Gs

とても有名な曲ですので、皆様もTV等でお聞きになったことがあると思います。寂寥を感じさせるメロディーラインと、繊細でいて少し尖っている音色が好き。セッションを思い返す時は、この曲入っているアルバム「Autumn」を選んでいることが多いです。

熱に満ちたセッションの後の余韻に浸るのは、過ぎた夏を想う秋に似ていると言えるのかも知れませんね。貴方も私とのセッションを思い返しながらこの曲を聴いてみてはいかがかしら。離れている間も、同じ曲を聴いて共に過ごした時間を想う。それって素敵よね。

ドミナ 鳴海(女王様)のプロフィールアイコン NARUMI Profile


蘆花 - ROCA

私はラテンmusicの曲名『 Despacito 』アーティスト名『 Luis Fonsi - ft. Daddy Yankee』を選びました。

https://youtu.be/kJQP7kiw5Fk

音楽は大好きで日々の暮らしの中欠かせないものであり、その時の気分によって曲をチョイスしています。今回迷った曲は例えば(歌手が)歌が好きで本当に気持ち良さそうに歌っていて聴いていると心地良く癒されたり、パワーをもらえたりそんな曲もありますし、時に穏やかに時に激しかったり。ロックでハードな激しい曲の中に優しがあるものだったり、逆も然り。

私にとってSMはエロスとワクワクすること好奇心が原動力となってます。ラテンは一見明るい曲ですが、その中にある情熱的、sexyさ、心が躍るような秘めた部分、妖しげ、妖艶さ、を最終的にpick outしました。人は二面性を持ち得てる。陰と陽。静と動。表と裏。悪と善。許す、許さない。冷静と情熱。セッション時、個室での秘めたやりとりは感情と生々しい人間性が渦巻いている。表面だけで物事は計り知れない。

又、S3やアルファインに向かう際、加虐心に満ちてる時はよくハードコアを聴きます。セッション中は基本無音ですが、M男君が持ち込みスピーカーで曲を流しアルファインでどっぷり変態に浸かったり、S3ではクラッシックを流してる時もあります。鞭好き君の時は無音、リードもジャラジャラするので外し鞭の音を愉しみます。

セッションの時に流したい曲やスピーカーのリクエストがあったら伝えてね。蘆花(ROCA)

ドミナ 蘆花(女王様)のプロフィールアイコン ROCA Profile


真珠 - SHINJU

セッションや、調教の時には、曲を用いたり致します。それは、君の日常から、非日常へと、気分を変えるために。

わたくし自身の、高揚するテーマ曲も、御座います。真珠様の背徳の始まりに、脳内に曲が流れて、スイッチのように気分が高揚する、そんな始まり、美と退廃、背徳、静寂からのドラマティックな背徳の幕開けには、◆Kenji kawai -Cinema Symphony-Ghost in The Shell OST

https://youtu.be/z64HCi2rQkE

次第に、頭の中が研ぎ澄まされて、無我となり、フェムドムによる支配を、君へと。わたくしにSMの女神が降臨されるように、何かが変わる時に、君も飲み込まれるように、陶酔し、支配されてゆく。まるで、催眠術にかかるかのように・・・。

君は、支配される。そして、終盤のジェットコースターのような、ドラマティックな盛り上がりには、◆カール・オルフ「カルミナ・ブラーナ」の【おお運命の女神よ】が、流れて、君は堕とされてしまうのです。

https://www.youtube.com/watch?v=EJC-_j3SnXk

そして、セッションや、調教の、終幕として最後には、

◆アラム・ハチャトゥリアン 組曲「仮面舞踏会」のワルツが流れて、華やかな終幕を迎えるのです。

https://www.youtube.com/watch?v=dLENHBw48DA

SMクラブ ラ・シオラの概要 - HOME - 真珠(女王様)のリレーコラム6

君は、フェムドムによる淫靡な背徳の非日常から、解放し、日常へと生まれ変わるように蘇生するの。わたくしは、其れ等を眺めて、充たされる。

日常の抑圧や、何もかもを忘れるひと時が、わたくしとの時であり、ふとした際に蘇る記憶であったり、忘れらない記憶として、君の心に、秘め事として残るなら、それがわたくしの幸い。うふふ。そんな、ドラマティックな背徳が好きです。

ドミナ 真珠(女王様)のプロフィールアイコン SHINJU Profile


キャサリン - CATHERINE

It has taken me a few days to select a son g “Jaded” by Mest. It came out in 2003 d e rage. Here is a link to the song

https://www.youtube.com/playlist?list=RDA8lDqJajOlY&feature=share&playnext=1

Here are the lyrics:

There's a time and place for everything

There's a reason why certain people meet.

There's a destination for everyone

What's the explanation when we're done...


All the summer nights, spent wondering,

So many questions asked, but no one's answering

Would it be ok if I left today?

Took my chances on what you said was wrong.


I'm jaded, stupid and reckless

Not sorry, when I'll never regret,

These years spent so faded and reckless

Not sorry, and I'll never regret these years

I’ll never regret these years…


Now here I sit, so far away

Remembering all the memories

It’s times like these that I miss you most

Remembering when we were so close


I'm jaded, stupid and reckless

Not sorry, and I'll never regret,

These years spent so faded and reckless

Not sorry, and I'll never regret these years


I'll never forget the places we've been, you and I

Our lives are slipping away, don't want to let time pass us by... by!


Im jaded, stupid and reckless

Not sorry, and I'll never regret,

These years spent so faded and reckless

Not sorry, and I'll never regret these years


I'm jaded stupid and reckless

not sorry and I’ll never regret...

These years

The song has an upbeat tempo with a simple about reminiscing on years of partying, h y things done in the past. I really like t s my overall view on life. One of my main goals in life is to make lo I can in my life. Of course there are tho ce, or prestige, but I value memories the w on life, but I don’t want my life to be ine myself as an old woman on my deathbed, d ready to leave this world if I could ref moments and lots of fun.

ドミナ キャサリン(女王様)のプロフィールアイコン CATHERINE Profile


たまき - TAMAKI

リレーコラム第6弾は「ドミナそれぞれのテーマ曲」ということで、人生のテーマ曲なんて、なんだか壮大なテーマですね。笑

原点に戻るとか、影響された曲とかそんなものはないので・・・どうしようかな。笑。人生のテーマってわけじゃないんだけど、集中したい時に入り込みやすい曲が網羅されているアルバムがこちら。イギリスの音楽ユニット Portisheadが1994年にリリースしたアルバム「Dummy」です。

https://youtu.be/GxWgRnnWfcc

何に集中したいかとか、気分とかで、聴く曲も全然バラバラで違うんだけど、今回はとりあえずこのアルバムを紹介します。このアルバムは、自分の深層世界に入り込む時のイメージ。がっつりモードな撮影の時とか、精神的にわりと重めのセッションの時とか(笑)心のうちから曝け出したい時に流すかんじかなー。とはいえ、セッション中って基本的に無音でやるタイプなんだけど。笑。曲流れてるとそっちに持ってかれて、呼吸とか空気感よりも曲が気になっちゃうから私は曲は流さない派。

まぁたまには流しながらのセッションもいいかもね。音楽は好きなんだけど、普段あんまり聴かないようにしてるので(情報が多くてしんどい)あんま参考になる回答じゃないかもなぁ。笑。逆にこんな曲流しながらセッションしたいとか、リクエストあったら聞いてみたいな! 以上、たまきでした。

ドミナ たまき(女王様)のプロフィールアイコン TAMAKI Profile


ルイ子 - RUIKO

引っ越す前の、下町の常連のバーに入った新しいお姉さんは、私より20近く年上だった。お休みの日に私の家に遊びに来たお姉さんはサインペンでタイトルの書いてあるCDを二枚持ってきた。私はそれをアンプ内蔵のプレイヤーに入れた。そうして、流れ出したのがジョーサンプルだった。

SMクラブ ラ・シオラの概要 - HOME - ルイ子(女王様)のリレーコラム6

彼女の前の職場はソウルミュージックバーで、私がそのCDのリストを好きだと言うと「ルイ子ちゃんなら、好きって言うと思ったんだ」と彼女は言った。山田詠美の小説からソウルを聴いた私は、それから探ってソウルやフュージョンを聴くようになったと思う。そこで出逢ったのが、この曲。

「In all my wildest dreams」 https://youtu.be/l7pkattb5FQ

リレーコラムにしては長すぎる内容になってしまうことを許してね。

エレクトリックピアノの音が好き。その仕組みについて話すと本当に長くなってしまうので割愛するけれど、私はこの音を聴くと浮遊する。SMも音楽もお酒も好きだけど、その理由はエクスタシーを感じるから。エクスタシーの本来の意味は脱魂。まさにそういった感覚。歌が好きだけど、歌詞があると想像の余地が少なくなってしまう。

私はこの曲を聴くと浮遊するし、浮遊している時を思い出す。そして、タイトルの意味は「全ての私の泡沫(うたかた)の夢の中で」という感じ、だと思う。子供の時に「無常」という言葉を知って、何故かそこへ惹かれた。SMの関係や時間は長く続けば嬉しいけれど、消えてしまういつかや、消えてしまったことにも美しさを感じる。人はいずれ死ぬので、どう頑張っても永遠にはならない。私はこれを悲観だと思っていない。

伝わるかな?私たちは今、繋がっていると感じて、甘さを感じて共に浮遊している。それは泡沫の夢なんでしょう。でも、それが美しい、と私は思う。私たちは儚く、愛しいと思う。一つ一つの甘い思い出とこれからの甘い妄想に浸透される曲。

SMクラブ ラ・シオラの概要 - HOME - ルイ子(女王様)のリレーコラム6

(ジョーサンプル&ランディクロフォード「Rio de Janeiro Blue」演奏時)

ドミナ ルイ子(女王様)のプロフィールアイコン RUIKO Profile


© 2019 LA SIORA Tokyo